GIMPでのフォントの色の変更

GIMPのユーザーインターフェイスは、画像編集ツールを個別のウィンドウに分散し、ユーザーがニーズに合わせてワークスペースを操作できるようにします。Adobe Photoshopなどのプレミアム画像編集ソフトウェアの費用効果の高い代替手段としてGIMPを使用している企業は、従業員がユーザーインターフェイスの学習曲線に直面していることに気付く場合があります。編集ツールの場所は必ずしも直感的ではなく、ユーザーは、テキストツールなど、プロジェクトの編集に必要なツールを含むウィンドウやタブを誤って閉じてしまう可能性があります。ユーザーがテキストツールの場所を学習すると、GIMPでテキストの色を変更することは、他のソフトウェアでテキストの色を変更することに似ていることがわかります。

1

GIMPでプロジェクトを開き、ツールボックスで「A」アイコンのあるテキストツールを選択します。ツールボックスが開いていない場合は、メニューバーの[ツール]をクリックしてから、[新しいツールボックス]をクリックします。テキストツールのすべてのコントロールを含む[ツールオプション]タブは、ツールボックスまたは別のウィンドウに表示されます。

2

画面に[ツールオプション]タブが開いていない場合は、メニューツールバーの[ウィンドウ]をクリックし、[ドッキング可能なダイアログ]、[ツールオプション]の順に選択します。

3

ワークスペースでマウスボタンをクリックしたまま、マウスをドラッグしてテキストボックスを作成し、マウスボタンを離します。すでにワークスペースにあるテキストを変更する場合は、テキストをクリックしてテキストボックスを強調表示します。

4

[ツールオプション]タブの[色]の横にあるボックスをクリックして、テキストに使用する色を選択します。すでに画面に表示されているテキストを変更する場合、色はすぐに変更されます。

5

テキストボックスに入力して、選択した色のテキストを表示します。