利益率と利益率の違いは何ですか?

中小企業の経営者にとって、利益率と利益率の違いを理解することは非常に重要です。利益を上げることは一つのことですが、あなたの収入があなたの支出を上回っているという事実は必ずしもビジネスが実行可能であることを意味するわけではありません。利益率を計算することは、特に事業の株式を投資家に売却したい場合に、コストに関連して得た利益の価値を決定するのに役立ちます。

利益率

あなたの利益率は利益であるあなたの収入のパーセンテージです。これは、総収入から総費用を差し引き、残りの金額を利益として計算することで計算できます。利益を総コストで割ると、結果は売上で得た利益の割合またはパーセンテージになります。

在宅の中小企業は、犬の衣類やアクセサリーの売り上げで月に5,000ドルをもたらします。材料や卸売製品の購入を含む売上原価、製品の製造と販売にかかる人件費、および事業間接費は、合計で月額3,500ドルになります。総収入から総費用を差し引くと、利益は月額1,500ドルになります。利益率を計算するには、$ 1,500を$ 3,500で割ると、43%の利益率になります。

利益率

利益率は、売上高に対する事業の粗利益の比率です。上記の例を使用すると、純利益は月額1,500ドルになります。この数字を月額5,000ドルの総収入で割ると、利益を構成する収入の割合は30パーセントになります。これは、利益率が0.30:1、つまり1ドルの収益の30%であることを意味します。これは潜在的な投資家にあなたが売り上げで稼ぐすべてのドルの30セントが利益であることを伝え、あなたのビジネスが利益を上げているかどうかを識別するのに役立ちます。

財務比率の使用

財務比率を使用して、ビジネスのパフォーマンスを分析します。損益分岐点の比率は、コストをカバーしているが利益を上げていないことを意味します。利益率を知ることは、商品やサービスの価格を決定するのに役立ち、より安価なサプライヤーを探す時期になります。また、損失を被ることなく、必要に応じて値下げや特別プロモーションの提供にも役立ちます。