工芸産業とは?

工芸産業には、職人や特定の業界の熟練者によって手作りされた商品が含まれます。工芸品の貿易に従事する中小企業には、アートギャラリーから手作りの織物、料理製品まで、あらゆるものが含まれます。多くの場合、工芸業界の起業家は独立して活動しており、フランチャイズ化されていません。業界は通常、顧客基盤を維持するために地元で調達された供給とコミュニティサポートに依存しています。

意義

Craft&Hobby Associationによると、クラフト業界には、米国の300億ドルのクラフト&ホビー業界内で製品の設計、作成、流通、販売に従事する企業が含まれます。クラフト業界は、成長する中小企業コミュニティのかなりの部分を占めています。米国内。これらのタイプのビジネスの立ち上げコストは低く、ほとんどの所有者は自分の家でアイテムを作成できるため、ビジネスを始める人にとってアクセスしやすく手頃な手段になります。

タイプ

工芸品はすべて職人が手作業で作っています。それを超えて、職人によって配布される商品は、手作りの衣類から室内装飾品や芸術作品までさまざまです。多くの場合、職人は歴史的または民族的伝統と結びついた製品を生産します。職人に工芸品を供給することを専門とする小売業者も、工芸産業の傘下にあります。

製造

職人はさまざまな媒体を使って工芸品を製造し、販売しています。1人の所有者がいる多くの小さな工芸品会社は自分の家で製品を生産していますが、大規模な事業では複数の労働者を雇用する場合があります。クラフトビジネスは大量生産の反対であり、顧客のためにユニークなアイテムを生産するために実践的なアプローチを採用しています。時々機械が使用されるかもしれません、しかししばしばこれらは熟練した職人による操作を必要とします。小売業者は、顧客の需要にさらに応えるために製品のカスタマイズを提供することを選択できます。

市場

見本市や工芸品見本市は、工芸職人が製品を販売するための主要な場所です。他のより確立されたビジネスは、工芸品の販売のために実店舗を維持するかもしれませんが、いくつかはウェブに基づいて事業を行うことを選択します。工芸品のサプライヤーと生産者は、ソーシャルメディアを利用してビジネスを売り込み、新しいバイヤーを引き付けることをますます選択しています。多くの職人は、業界内での地位を確立するためにニッチな分野や製品を専門としています。