クレジットカードの売上を計上する方法

クレジットカードの販売は、顧客が中小企業の製品やサービスの代金を現金ではなくクレジットカードで支払う場合に発生します。クレジットカードを使用すると、顧客は今すぐ購入して後で支払うことができます。あなたの中小企業は、手数料と引き換えにクレジットカードを発行する銀行または会社から現金を集めますが、顧客は後でカード発行者に支払う責任があります。一部のクレジットカード発行会社は、すぐに支払いを送信する場合があります。他の人は後日支払いを送るかもしれません。あなたはあなたの記録においてこれらのそれぞれを異なって説明しなければなりません。

即時支払い

1

クレジットカード会社がトランザクションごとに請求するパーセンテージにクレジットカードの販売額を掛けて、トランザクション料金を決定します。たとえば、中小企業が250ドルのクレジットカード販売を行い、クレジットカード会社が2.5%を請求するとします。2.5%(0.025)に$ 250を掛けると、$ 6.25の取引手数料が得られます。

2

販売額から手数料を差し引いて、クレジットカード会社から徴収する現金を決定します。この例では、$ 250から$ 6.25を引くと、$ 243.75になります。

3

クレジットカード会社から収集した現金の金額で、販売日の会計記録の仕訳で現金口座から借方に記入します。借方は、資産勘定である現金を増やします。この例では、現金から$ 243.75を借方に記入します。

4

同じ仕訳入力のクレジットカード経費勘定から、取引手数料の金額を借方に記入します。借方は経費勘定を増やします。この例では、このアカウントから$ 6.25を借方に記入します。

5

販売金額で販売収益勘定に貸方記入します。資産や費用とは異なり、収益勘定はクレジットで増加します。この例では、売上高を250ドルクレジットします。このクレジットは、ステップ3と4の合計借方を相殺するのに役立ちます。

支払いの遅延

1

新しい仕訳入力の売掛金を、販売日の販売金額で借方に記入します。借方は、資産勘定である売掛金を増加させます。この例では、前の例と同じ販売額と取引手数料があると想定します。売掛金を250ドル引き落とします。

2

同じ仕訳入力の販売金額による販売収益のクレジット。この例では、売上高を250ドルクレジットします。

3

新しい仕訳入力の現金を、収集日にカード発行会社から収集した現金の金額だけ借方に記入します。例を続けると、現金を243.75ドル引き落とします。

4

同じ仕訳入力のクレジットカード経費勘定に取引手数料を借方記入します。この例では、このアカウントから$ 6.25を借方に記入します。

5

このアカウントから金額を削除するために、同じ仕訳で販売金額で売掛金をクレジットします。この例では、250ドルの売掛金があります。