減債基金の減価償却方法の公式

減債基金法は、おなじみの定額法や定率法よりも複雑な、いくつかの高度な減価償却方法の1つです。この方法はやや複雑なため、ほとんど使用されません。ただし、この方法は、投資収益率が固定され、必要な長期資産が高価である規制された公益事業などの特定の業界に適しています。この方法の式には、現在価値の計算が必要です。

減債基金法における関心の役割

より単純な方法では、企業は長期性資産の購入コストのみを減価償却し、追加と改善のために調整します。年金法とも呼ばれる減債基金法では、企業は資産の支払いにローンの費用に等しい利息を追加します。企業は、資産の購入または建設に資金を提供しなければならないという事実を認識するために、この追加費用を含めます。

その結果、減価償却費は時間の経過とともに上昇します。これは、定率法の逆の効果です。企業は通常、減価償却費をできるだけ早く控除しようとします。これは、減債基金方式を回避するもう1つの理由です。ただし、この方法を使用すると、企業は、資産の最終的な交換に支払うために毎年いくらのお金を靴下に入れるかを知ることができます。これらの貯蓄は、企業がお金を蓄えるために使用する減債基金と呼ばれる予備口座に入れることができます-これがメソッドの名前の由来です。

現在価値を見つける方法

減債基金法の公式は、分子と分母で構成されています。

(資産の現在価値/普通年金の現在価値)

どちらの部分も現在価値の概念を使用しています。現在価値は、資産のキャッシュフローの合計を金利係数で割り引いたものです。現在価値は、資産の総コストを今日のドルで表します。将来のドルは、今日のドルよりも価値が低くなります。なぜなら、将来のドルを手に入れるまでは利息を稼ぐことができず、インフレによって購買力の一部が失われる可能性があるからです。割引率の選択は計算にとって重要であり、資産の存続期間中に金利が上昇するリスクがあります。その影響は、サービスの終了時に資産を交換するために必要な資金調達の過小評価になります。

分子の計算

減債基金の計算式の分子は、元のコストから資産の残存価額の現在価値を差し引きます。この現在価値の計算式は次のとおりです。

S /(1+ i)^ n

どこ:

Sは残存価額です

iは期間ごとの利率です

nは期間の数です。

たとえば、公益事業会社を経営していて、5年の寿命を持つ発電機を800,000ドルで購入し、その残存価値が67,388ドルであることが経験からわかっているとします。利率を10%に設定すると、現在の残存価額は$ 67,388を(1 +利率)で割った値または1.10であり、期間数を表す5の累乗になります。結果の$ 41,843を$ 800,000から差し引いて、購入の現在価値$ 758,157を求めます。定額法による減価償却では、これは5年間で年間151,631ドルの減価償却費になります。

別の減債基金の計算式では、現在価値を取得せずに、購入コストから残存価額を単純に差し引きます。これは単純ですが、精度は低くなります。この方法では、分子は$ 800,000から$ 67,388を引いたもの、つまり$ 732,612です。

分母の計算

減債基金の計算式の分母は、通常の年金の現在価値を表します。これは、各期間の終わりに行われる一連の均等な支払いです。事実上、これは減債基金に必要なお金のコストです。式は次のとおりです:(1-(1 + i)^ -n)/ i

この例では、これを(1マイナス(1 + 10パーセントの利率)を負の5乗にしたもの)すべてを10パーセントの利率で割ったものとして表現します。解決策は(1-(1.10 ^ -5))/。10、つまり1ドルの投資ごとに3.79ドルです。分子を分母で割ると、年間の金額は$ 758,157 / $ 3.79、つまり$ 200,000になります。これは、発電機の年間減価償却費と利息費用の合計を表します。

働いた減債基金の例

会社は、200,000ドルの合計コストを減価償却費と支払利息に分割する必要があります。分割は、発電機の減価償却されていない、または簿価の利息に依存するため、毎年異なります。最初の年の終わりに、利息は最初の$ 800,000の簿価の10%、つまり$ 80,000になります。これを$ 200,000の合計コストから差し引くと、初年度の減価償却費は$ 120,000になり、簿価は$ 680,000に減少します。残りの4年間この手順を繰り返すと、年間減価償却額は132,000ドル、145,200ドル、159,720ドル、175,692ドルになり、合計で732,612ドルになります。これは、発電機の残存価額を差し引いたコストです。減価償却額の増加パターンは、発電機の簿価の低下による支払利息の減少を反映しています。