なぜビジネス組織で聞くことが重要なのですか?

口頭でのコミュニケーションには、話すことと聞くことの両方が含まれます。ビジネス組織では、聞くことは、従業員間および経営陣とスタッフ間の効果的な仕事上の関係の鍵です。リスニングスキルは、企業と顧客や他の企業とのやり取りにも影響を与えます。

リスニングスキルを向上させるには、相手に十分な注意を払い、アイコンタクトを維持します。彼女が話し終えたら、彼女の発言を言い換えて、あなたが彼女を正しく理解しているかどうか尋ねてください。彼女の発言をよりよく理解するために、質問を続けてください。

ヒント

聞くことはあなたがあなたのビジネスに利益をもたらす決定をすることができるようにあなたが事実を得るのを可能にします。信頼を築くために不可欠であり、対立を減らすことができます。ビジネスの評判はリスニングスキルに依存します。

情報を得るには

聞くことはあなたがあなたのビジネスに利益をもたらす決定をすることができるようにあなたが事実を得るのを可能にします。たとえば、面接で求職者の話を聞くと、彼の職業に対する態度、以前の仕事での業績、履歴書に記載されていない情報を見つけることができます。この追加の洞察は、申請者があなたの会社に適しているかどうかを判断するのに役立ちます。仕事の健康リスクに関する従業員の苦情に耳を傾ける上司は、怪我を減らし、仕事のパフォーマンスを向上させる可能性があります。

信頼の構築と構築

信頼を築くには、耳を傾けることが不可欠です。チームの1人のメンバーが指示に耳を傾けないと、プロジェクト全体が失敗する可能性があります。信頼を築くために、口頭での指示と締め切りに注意を払ってください。プロジェクトに関連する同僚の長所と短所に関する発言を聞いて、お互いの長所を最大化する方法で共同作業を行えるようにします。

あなたの評判を維持する

ビジネスの評判はリスニングスキルに依存します。たとえば、顧客の話を聞けなかった場合、顧客は期待したサービスや製品を受け取れない可能性があります。これが繰り返し発生すると、会社の評判を傷つける可能性があります。企業は、口頭でのコミュニケーションを通じて他の企業との関係も築きます。電話で話すと同時にタスクに取り組むと、誤解を招く可能性があります。

聞くことは対立を減らすことができます

聞くことで対立を減らすことができます。個人が誤解​​されたり虐待されたりしたと感じると、対立が生じる可能性があります。たとえば、指示に耳を傾けず、同僚が実行するはずのタスクを実行した場合、同僚はあなたに不満を持っている可能性があります。非言語的な手がかりにも注意を払ってください。個人の表情、身振り、または行動が彼女の言葉と矛盾する場合は、質問をして、彼女が実際に何を意味するのかを調べてください。

聞くことによる従業員のやる気を引き出す

マネージャーは、各従業員の動機を理解することにより、士気と生産性を向上させることができます。従業員の話を聞いて、仕事のどの側面が最もやりがいがあり、やりがいがあるかを見つけてください。 1回の会話から従業員のニーズを理解することを期待しないでください。従業員があなたが彼女の言うことに心から興味を持っていることを知ることができるように、注意深い聞き手であり続けてください。